Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


周回トラックのカーブ出口近くに突き当たる交差点、
…と言っても分かりにくいですかね。
東京の府中試験場をご存じの方は、
小高い築山から東向きに坂道を下った所をイメージしてください。


そういう所では、
カーブの向こうから近づいて来る車に注意しましょう。

突き当たった交差点の右後ろの方にカーブが続いている場合、
カーブの向こうから近づいて来る車が、
(“右横から”でなく“右後方から”というのが曲者で)
こちらが交差点に進入する時にはよく見えていないのです。
特に府中試験場のように、こちらが下り坂の場合は、
路面(下)ばかりを見つめてしまっていると、本当に見落としますよ。


周回コースを走っている車は、
カーブを曲がっていても「直進車」という扱いです。
こちらが一時停止であれば尚のこと、相手を妨害してはいけません。
形ばかり首を振るのでなく、
左右それぞれ車線の先までしっかり確認してください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





右左折やカーブに入る前には、
ハンドルを切り始める手前5mまでに減速を完了させておきます。
MT車は、ここで、必要があればシフトダウンします。

そして、ハンドルを回す時には
アクセルもブレーキもクラッチもできれば踏みたくないのですが、
ここで、どれかのペダルを踏んでしまっている人がいますね。


まず、ブレーキを踏んだままハンドルを回すのは、
減速が間に合っていない証拠。
「ハンドルを回し始める時までに減速」ではなくて、
「5m手前までに減速」ですよ。
これを意識して、しっかりブレーキを掛けていってください。


次に、クラッチを踏んだままハンドルを回してしまう人も、
ほとんどが減速が間に合わなかったのが原因でしょうから、
やはり「5m手前」を意識すると治ると思います。
まれに、シフトダウン後のクラッチミートがつかめずに、
車がガタガタするのを嫌って、クラッチを踏んで曲がる人もいますが、
それも、減速が間に合っていれば解消される問題です。


それから、アクセルを踏みながらハンドルを回す人。
これは、やってはいけない行為ではなく、
実際、速度を維持する程度のアクセルが必要な場面もあるのですが、
基本概念としては、
「どのペダルも踏まずにハンドルを回す」と覚えておいてください。


もしや、ドライバーが
「どれかのペダルを必ず踏んでいなければいけない」と思い込んでいるとしたら、
それはそれで危険です。
アクセルもブレーキもクラッチも、
必要な時にだけ踏むものと認識しましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




信号待ちなどで停車している時は、
必ずブレーキを踏んで待っていてください。
車が自然に動き出してしまうのを防ぐとともに、
もし後ろから追突されても玉突きで前の車にぶつからないように、
という意味もあります。


なお、赤信号が長くなりそうな場合は、
サイドブレーキを引いて、ブレーキペダルから足を離しても構いません。
しかし、これをやると、
どうしても発進が遅れ気味になりがちなため、
受験生にはお勧めしません。

サイドブレーキで代用する目的は、
足が疲れないようにするだけのことだと思いますが、
試験を受けている20分くらいは我慢しましょう。
余計な手間を掛けて発進出遅れの減点を被るリスクに比べ、
メリットが少なすぎますので。


ブレーキペダルを踏んで、
ギアを、AT車なら「D」に、MT車なら「ロー(1速)」に入れた状態、
すなわち、「発進体勢」で信号待ちするのが基本です。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/



左折で、ハンドルを回すタイミングが遅れると、
大回りをしてしまうことがあります。
そんなとき、教習生によっては、
「さっきは車のスピードが速すぎた」と思うのでしょうか、
次の試行では直線のうちからノロノロ走ってしまう人がいます。


確かに、ハンドルの切り遅れは、
そのほとんどが「車のスピードが速すぎた」ことが原因です。
そこまでは正解。

しかし、その「速すぎた」ことの原因は、
直線部の走行速度の問題ではなくて、
減速が足りなかったのが大多数です。


ですから、左折のために左に寄せる所までは、
普通の速度で走ってください。
むしろ、寄せている間は加速するぐらいです。
寄せ終わってから、
しっかりブレーキを掛けて減速してください。
減速し終える目標は、「ハンドル切り始めの5m手前」でしたね。


「減速」が基本通りできていると、
「左折」のハンドルも、タイミングが取りやすくなるはずです。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





以前、ある教習生(年配の男性)が
「ちょっと、とのじ。」と言って
教習車を降りたことがありました。


この「とのじ」(「ともじ」かも)という言葉自体は
初めて聞いたのですが、その行動から、
「トイレ」を婉曲に言ったのだろうと推測できました。
もしかしたら、「湯文字」や「しゃ文字」などの女房言葉と同様、
特定の業界で用いられている符牒の一つなのかも知れません。


そういった意味で、われわれ指導員が、
教習課題の「方向変換」を略して「方変(ほうへん)」と呼ぶのと
通じるものを感じました。

また、「屈折型狭路コース」のことを
そもそも工具の名称である「クランク」と呼ぶのも
似たような話でしょう。
もっとも、一般の人も「クランク」で意味が通じてしまうので、
これは符牒とは言えないかも知れませんが。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




いつまでも発進できずに
路端に停まったままでいる人がいます。

そういう人から話を聞くと、
どうも「車列が途切れたら発進しよう」と思っていることが多いようです。
あながちそれも間違いとは言いきれませんが、
それよりも、
「あの車が通過したら発進しよう」と思うようにすると、
発進のタイミングは、ぐっと計りやすくなりますよ。


「車列が途切れたら」と「あの車が通過したら」とでは、
似ているようで、異なります。

「車列が途切れたら」というのは、
自然、「周囲の環境が整うまで待つ」という受け身の姿勢になりがちです。
それに比べ、「あの車が通過したら」は、
「発進しよう、発進しよう」と身構えている状態なので、
タイミングを逸することが少なくなります。

また、「あの車が通過したら発進しよう」と思っている人は、
自分が発進した図(成功した姿)をイメージできていることが多いです。
これこそが大事なポイントかも知れません。

そして、いざ発進の時には、
その通過した車を追いかけるようにしていけば良いわけです。
 「前見て加速!」ですね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





サイドミラーは、
ドライバーが運転姿勢を保持したまま、
両側とも見えているはずです。

眼鏡店で聞いた話によると、
人間の目は、
左右それぞれ外側100°ほどの視界を持っているのだそうですね。
つまり、(ピントが合うかどうかの話は別にして)
真横より少し後ろまで見えているらしいです。


ということは、
特に見つめなくてもサイドミラーは視界の中にあるので、
ドライバーの意識しだいで、
ミラーに映っている物が「動いた」ってことぐらいは、
普通に前を見ながらでも分かるはずです。

例えば、右後ろを同じ向きに走っていた車が追い抜きし始めたとか、
左後ろを走っていた二輪車が進路を変えたとか。
そういう状況変化をいち早く察知することで、
より安全に対処することが可能となります。


ですから、ドライバーは、前を見ながらでも、
サイドミラーを含めた視界全体を見渡すような意識を持っていてください。
そのうえで、たまにはサイドミラーも、
ちらちらと(ピントを合わせて)見るようにすると良いでしょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





ブレーキペダルを複数回に分けて踏むのを「ポンピングブレーキ」と呼び、
教習でも試験でも、このブレーキを使って減速することになっています。


かつては、急ブレーキでタイヤがロックするのを防ぐ意味がありました。
しかし、近年はABS(アンチロックブレーキシステム)を装備している車が増えてきたため、
その目的は薄れつつあります。
とは言え、すべての車がABS装備車とは限りませんし、
後続車の注意を促すためにブレーキランプを点滅させる意味はありますから、
ポンピングブレーキは、やはり必要です。

また、意外な効果として、
「ブレーキペダルを強く踏む前に軽く踏む」と意識して運転していると、
早めのブレーキが習慣づいてきます。
状況に傾注し、適切に対処しやすくもなります。


こんな意味から、
ブレーキペダルは少なくとも2回以上に踏み分けてください。
「1回目は軽くランプを点ける程度、2回目はしっかり、必要があれば3回以上」
という感じです。
「ポンピングブレーキ」とは言っても、
文字通りにポンプを踏むがごとくペダルを踏むわけではありません。
…って、「足踏みポンプ」自体、知らない人も多いかも?


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




おそらく確認しながらアクセルを踏むのでしょう。
前方ではなく、横を見たまま発進する人がいますね。


車の運転の基本は、前を見ることです。
特に、発進の時こそ、前を見なければなりません。
アクセルを踏み始めてからもまだ横が気になるのだとしたら、
「確認が足りなかった」としか言いようがありません。
だって、
前を見て発進できるように周囲の安全を確認したはずなのですから。


路上では、停まっている車の前を歩行者が横切るなど、
前方の事情が変化することは、日常茶飯事です。
そんな所でドライバーが脇見をしたままアクセルを踏むなんて、
とんでもない話です。
たまたま前を横切る歩行者がいなかったとしても、
安全確認ができない人、前を見て運転できない人には免許を与えられない
という話になってしまいますよ。


発進のためにアクセルを踏む時は前を見ること、
そして、加速中も前を見続けること(「前見て加速!」)を、心がけてください。
もちろん、アクセルを踏む前に安全確認を終わらせておくことは大前提になりますが。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




「ひゅうが晴」という焼酎が発売されているようです。
甘党の小生はお酒のことはよく分からないのですが、
今日は、その宣伝に使われているキャッチコピーの話です。


電車内の広告に載っている商品の写真を見ると、
「香りたからか/澄みきり麦」と書いてありました。

「香りたからか」の方は、
「香りたからか製法」というのが“売り”らしいので、
(ケムに巻かれたような気分ではあるものの)文学的表現と理解するとして、
「澄みきり麦」の方は、まったく意味不明です。

広告を読むと「すっきりとした味わい」と書かれていますので、
そのことを「澄みきり」と表現したものと思います。
しかし、数年前に「澄みきり」という名の発泡酒を他社が発売しているので、
おそらく大人の事情とかいうのが働いて、そのまま使うのがためらわれ、
「澄みきり麦」という、解ったような解らないような造語を用いたのだろうと
推測されます。
でも、そうだとしたら、
無理に「澄みきり」なんて言葉を使わなくたって良いのではないでしょうか。


この商売をやっていると、「スミキリ」と聞くと、
「隅切り」(=曲がり角のスミを斜めまたは円弧状に切ってある部分)を
イメージしてしまいます。
だからこそ、この用語一つに、こんなに拘ってしまうのでしょうけど。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




このページのトップヘ