Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


メリハリとは、
加速すべき場面で加速し、
減速すべき場面で減速することです。


ところが、
試験の様子を見ていると、
ずっとスピードを出しっぱなしか、
逆に、ずっとのろのろ走っているか、
のどちらかの受験生が多いですね。

で、試験官から受験後の講評で
「メリハリが無い」と指摘されると、
次回の受験では、
スピードを出していた人はノロノロ運転に、
ノロノロ走っていた人はスピード狂になってしまい、
結局、また「メリハリが無い」と指摘されるという、
無限ループに陥る人も少なくありません。


そういう人は、
おそらく、「減速」の基本ができていないと思われるので、
減速を重点的に練習してみてください。

加速については、
恐怖心さえ無ければ、そんなに難しくありません。
でも、減速は、
ブレーキの加減やタイミングが結構微妙なのです。
特に、右左折やカーブ入口での「5m前までに減速完了」が
きちんとできているかどうかが勝負の分かれ目です。

減速を意識したうえで、
右左折やカーブの出口では「前見て加速!」を徹底すれば、
自ずとメリハリが付いてきますよ。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





発進しようとするときや右に進路を変えたいときは、
右側の安全を、
ミラーで確認するほか、目視でも確認しなければなりません。
同様に、左に進路を変えたいときは、
左側の安全をミラーで確認するほか、目視でも確認します。


ところで、その目視確認において、
“後ろ”を振り返るように見る人がいますね。
でも、その確認スタイルは、あまりお勧めしません。
というのも、
それで見ている“後ろ”は、ミラーに映っている所のはずだからです。

ミラーを見れば確認できる所を
ドライバーが直接見る意味はありません。

目視が必要なのは、ミラーに映らない所(死角)を見るためでした。
ミラーの死角は、ドライバーの真横より少し後ろ気味の所ですよね。
俗に「ドライバーの右肩」とか「試験官の左肩」と呼ばれる辺りを
目で見るのが正しい目視確認です。


もっとも、ミラーに映っている部分であっても
念のため目視確認するのが悪いとは言い切れませんが、
でも、走行中にそのスタイルで確認するのは、
運転姿勢を崩し、また、“前”から目を離すことにもなるため、
咄嗟の状況に対処できなくなりますよ。
それだと危険ですし、車のふらつきの原因ともなりえますので、
「ミラーに映る所はミラーで、ミラーに映らない所を目視で」が基本
と覚えましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





以前にも書いたことのある記事ですが、
重要な事なので、一部修正して再掲載します。


複数のサイトで、
「免許センターでの試験採点基準がオープンになっていない」
と書かれているのを見つけてしまいました。
事情を知らない方の不安を煽って、
一発試験向けの通信教材を売り付けようとしている業者のようです。


しかし!
採点基準は一般にオープンされています!
 ↓
警察庁 > 運転免許技能試験に係る採点基準の運用の標準について(PDFファイル)
https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/menkyo/menkyo20161003-3.pdf


件の業者たちは、そもそも、この通達の存在自体を知らないのか、
それとも、これが公開されていることを知らないのか、
はたまた、知っていながら隠して顧客を騙そうとしているのか、
どうであれ、信用に足る業者とは言いがたいですね。
(あ、ここでもまた余計なことを…)


ところで、これから技能試験を受験しようという人は
この採点基準に目を通しておいた方が良いかも知れません。

ちょっと歯切れの悪い言い方ですが、
教習を始めたばかりの人は、読んでも意味が分からないでしょうし、
教習がある程度進んだ人にとっては、
これを読んで新たに学ぶ事は無いはずです。
でも、“知識の再確認”として全く無意味ということはないので、
だから「目を通しておいた方が良い」という程度なのです。

なお、減点の点数(「△△したら○点減点」というもの)は
一部の特別減点項目を除き、
基本的には、教習生・受験生は覚える必要はありません。
「△△しないように」とだけ覚えておいてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




パイロットアカデミーは、今は年中無休ですが、
創業した頃は、金曜を定休日にしていました。
と言うのは、
金曜は道路が渋滞しがちなため、
路上教習がはかどらないことが多いからです。


考えてみれば、
床屋さんは月曜、
美容院は火曜、
商店街は水曜、
お医者さんは木曜を、
それぞれ休むのが相場とされていて、
金曜に休むという業界は思い当たらないですよね。
中東諸国では金曜が公休日だと聞いたことがありますが、
わが国においては、
金曜は“みんなが働く日”なのです。

それに加えて、
土日の間に決済日が到来する債権債務等については
金曜のうちに回収・処理しようとするため、
外出する人が多くなります。

なので、どうしても金曜は道が混雑してしまうのです。


いわゆる公認教習所では
月曜を休むのが一般的のようですが、
パイロットアカデミーと同じようなスタイルで商売している仲間の中には、
今でも金曜を定休日にしている所もあるようです。
その理由を直接訊ねたことはありませんが、
おそらく、こうした理由なのだろうと思います。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




カーブでスピードを落とし切れない時、
やってはいけないのが、
「ブレーキを踏みながらのハンドル」です。

「だってカーブに入っちゃうじゃないですか」という声が聞こえてきそうです
(実際、そう言う教習生もいます)が、
だったら、ハンドルなんか後回しにして、とにかくブレーキで減速してください。
仮に、ハンドルまっすぐのまま停まってしまうとしても、
それでも、「ブレーキを踏みながらハンドル」よりは危険でないので。


そもそも、カーブの手前で減速が完了できないのは、
端的に言うと、「減速ポイントが分かっていない」からです。


減速が遅れ気味になる人は、
どうも、「カーブの入り口」かヘタをすると「カーブの中」を見て
ブレーキを踏み始めているようです。

違いますよ。

減速は、
カーブの手前およそ5m(車1台分などと言ったりもします)までに
完了させておきたいのですから、
ドライバーは、そこを見定めてブレーキを掛けていかなければなりません。


その減速がきちんとできると、ハンドル操作にも余裕ができ、
さらには、カーブ出口へ向けての加速もしっかりでき、
メリハリの効いた、“良い運転”になってくると思います。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





このブログ「 Pilot-K の『前見て加速!』」をここに開設してから
丸5年を経過したのを機に、
改めて、タイトルの「前見て加速!」の由来について
説明させてもらいたいと思います。


この「前見て加速!」というのは、
実は、自動車運転のコツを端的に示した言葉です。

発進する時も、車線変更する時も、
自分がこれから走る車線を見て、アクセルを踏みます。
つまり、「前見て加速!」ですね。

カーブでも、右左折でも、
出口が見えたら、そちらに向かってアクセルを踏んで行きます。
これも、「前見て加速!」なのです。

そして、この「前見て加速!」は、
「目標を定めて、それに向かって邁進する」
という未来志向の姿勢も示唆しています。


そういった意味で、
「免許を取ろう!」あるいは「運転できるようになりたい!」
と思って通って来てくれる教習生へのメッセージも込めて、
普段の教習時にも小生が好んで使っている言葉なのです。
それをブログタイトルに流用したという次第。


そんなことをご理解いただいたうえで、
今後ともご愛読のほどお願いいたします。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





左折の際に、
一瞬ハンドルを右に少し傾けてから左に回し始める人がいます。
そういう症状の出る人に理由を訊いてみると、
「左に寄せすぎていたので曲がれないと思ったから」
と答えることがあります。

しかし、それは、
“言い訳”でしかありません。


ご存じのように(ご存じだと思いますが)、
車の舵を取るのは前輪ですから、
ハンドルを一瞬だけ右に傾けたところで、
後輪は殆ど動かないので、意味がありません。
それよりも、頭を振ることで、
仮に自車の右横をバイクがすり抜けようとしていたら、
それを危険に晒すことになりますので、
逆ハンドルは、絶対に取らないでください。


左に寄せすぎて曲がりきれないと思ったのなら、
そして内輪差で載らないようにしたいのなら、
ハンドルの切り始めを遅らせば良いのです。
もしそれで曲がりきれなければ(前がぶつかりそうになったら)
切り返しをして、曲がり直してください。


逆ハンドルを取るのは、
寄せすぎたことが悪いのではなく、
そういうクセが付いていることが原因だったりします。
言い訳なんかしている間には、
その癖を根治するよう、意識して練習しましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





ここに「 Pilot-K の『前見て加速!』」を開設してから、
もう5年が経過しました。


ブログを書き始めてから一番変わったのは、
「ネタ帳」を持ち歩くようになったことかも知れません。
いつでもどこででも
「これはブログのネタになる」と気付く事があれば
ちょこちょこっとメモするようにしています。

特に、教習時間中はネタの宝庫です。
同じ教習課題でも
教習生によって説明方法や例え話が異なったり、
時には「ああ、こんなふうに説明した方が分かりやすかったかな」
と反省したりするのも含め、
(教習生さんには申し訳ありませんが)
ブログのネタにさせてもらっています。


そいう意味で、このブログを書くことが、
日記(そもそも「ブログ」は「日記」なのですが)を付けるのと
同じような効用をもたらせてくれていると言えます。

これからも、皆さんに分かりやすい記事を書くよう心がけ、
可能な限りブログ掲載を続けたいと思っていますので、
ぜひ今後もご愛読のほど宜しくお願いします。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





街路樹は、
落葉前の今の時季に剪定しておくのが望ましいのだそうですね。

自分の庭の樹木なら、人間さまと同じように、
12月ごろ剪定してサッパリした姿でお正月を迎えたいものですが、
街路樹は、葉が落ちると、車が走るのに邪魔ですし、
歩行者だって踏んづけて滑ることがありますし、
何より掃除が大変です。
(そもそも「誰が落ち葉を掃除するべきなのか?」という問題もあります)

その道路をたまにしか通らない人は、
「紅葉(黄葉)を楽しむ余裕があっても良いんじゃないの」などと
勝手な事を言ってしまいそうですが、
そこで生活している人は苦労されていると思いますよ。


そういうわけで、この時季の路上は、
剪定作業している人や車が車線を塞いでいることが多くなります。
そのつもりで走りましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




ハンドルを回しながらのギアチェンジはやめましょう。
と言うより、
ハンドルを持ち替えながらシフト操作するには、
腕が3本必要ですから、普通は、無理です。

ハンドルを持ち替えずに傾ける程度でしたら、
ハンドルは右手に任せて、
左手はシフトレバーに伸ばすことができます。
もちろん、そうやって全く問題ありません。
でも、そうやろうとすると、得てして、
「極力ハンドルを持ち替えないようにしよう」
という本末転倒な心理が働きがちなので、
運転に慣れないうちは、これも考えない方が良いでしょう。


ところで、「ハンドルを回しながらギアチェンジしない」のは、
何もハンドルを切る時に限った話ではなく、
ハンドルを戻す時も、同じですよ。
「戻す」のだってハンドルを「回す」のに違いないのですから。

ハンドルを切る時にはギアチェンジしないように気を付けたのに、
カーブや右左折の後半でハンドルを戻している時に、
それを失念してか、「加速しなければならない」との思いが強すぎてか、
ハンドルを戻しながらギアチェンジしようとする人を
よく見かけます。
ですから、それは無理ですって。


もし、ギアチェンジが必要なら、
ハンドルを切り終えてから戻し始める前の、
ハンドルが固定されている1~2秒間にやってください。

とにかく、
「ハンドル操作と変速操作とは同時にやらない」
と覚えておきましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




このページのトップヘ