Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


右折車は直進車の通過を待ってから進むので、
右折レーンの列は、左折レーンの列より長くなるのが普通です。

ところが、その逆に、左折レーンの方が詰まりやすい交差点もあります。

元々左折車が多いということもあるかも知れませんが、
それ以上に、左折車が歩行者の横断を待っているケースが目立ちます。
一方で、右折車は「右矢印」で曲がれることがあり、
そういう交差点では、
右折車の列が進むのに左折車の列が流れない、という不思議な現象が起きるのです。

どことは言いませんが、都内に少なくとも数箇所、こんな交差点がありますね。
ラジオの渋滞情報でしばしば名を聞く交差点が、これに該当することが多いような気がします。


こういう交差点では、
歩車分離の信号パターンにすれば、渋滞も緩和するんじゃないかと思いますが、
交通行政的に、複雑な事情が絡んでいるのでしょう。きっと。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





カーブや右左折でハンドルを回す時に
スピードが落とし切れていないことがあります。
そもそも、減速は、
ハンドルを切り始める前に完了させておかなければいけないのですが、
今さらそれを言っても仕方がありませんから、
スピードが速すぎるなら、ブレーキを踏み足すことになります。


しかし、その場合、初心者がやってしまいがちなのが、
ハンドルを回し始めてしまうことです。
おそらく、カーブや交差点に進入してしまうので、
つい、ハンドルを切りたくなるのでしょうが、
ブレーキを踏みながらハンドルを回すと
タイヤが滑りやすくなって危険ですよ。

タイヤをわざと滑らせて曲がる「ドリフト走行」は、
レーシングテクニックの一つではありますが、
免許を取るためには不要ですから、
教習中や試験中は(免許を取った後でも公道では)
絶対にやらないでください。

やむを得ずブレーキを足さなければならない事態では、
ハンドルをまっすぐに保持したままでブレーキを踏んでください。
極端な話、そのまま停止したって良いくらいです。
いや、停止してはいけないのですけど(どっちだ?)、
そのぐらいの気持ちでブレーキを掛けていくべきです。


このブログでも何度か言っているように、
「ハンドル操作よりも加減速の方が大事」ということを
忘れないでください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





あるボディビルダーが
「プロテインを飲めば筋肉が付く」と誤解している人が多い、
というようなことを言っていました。
確かに、プロテインはただのタンパク質ですから、
プロテインを飲んでトレーニングすれば筋肉が付くのであって、
プロテインがそのまま筋肉になるわけではないのです。


車の運転技能も、これに通じるところがあります。
プロの指導員から教わるのは、
技能上達の材料を体に取り込むことであり、
言わば「プロテインを飲む」のと似ています。

でも、どんなに良い事を教えてもらっても、
それを自分の身に付けられるかどうかは教習生次第。
良質なプロテインを選ぶことも重要ですが、
それ以上に、それを血とし肉とする努力も必要ということを
忘れないでください。


もっとも、教習生のやる気を惹き出すのも、
指導員に託された仕事の一つなのかも知れませんが。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




ウインカー(方向指示器)での合図は、
動作を始める前に出し、動作が完了するまで出し続けることになっています。
そして、その動作が完了したら、速やかに消さなければなりません。


ところで、一般的な四輪の自動車は、
「ウインカーを出す」のは、もちろんドライバーの手で操作するのですが、
「ウインカーを消す」のは、ハンドルと連動して自然に切れる機能が装備されています。
しかし、ハンドルを切った量によっては、その機能が働かない時もあります。

では、これをどう使い分けたら良いのでしょうか。


この問いに対して大雑把に答えてしまうと、
「右左折後は自動で消えるが、進路変更後はドライバーの手で消す」のが普通です。
もちろん、
右左折でもハンドルを切る量が少なくて済むときもありますし、
進路変更でも大きくハンドルを切らなければならないときもありますから、
こう一概に決めきれるものではありませんが、
概ね、
ハンドルを持ち替えるくらいの量を回したなら、ハンドルを戻すとウインカーは自然に切れ、
ハンドルを持ち替えなければ、まっすぐに戻しても、ウインカーが自然には切れてくれない、
と覚えておいて、まあ困らないでしょう。


これを踏まえて、もっと突っ込んだ話をしますと、
「流れの中での車線変更」程度のハンドルでウインカーが切れてしまうのだとしたら、
それは、ハンドルの回し過ぎが疑われます。
心当たりのある方は、もっとなめらかな進路変更を心がけた方が良いと思います。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





パイロットアカデミー株式会社では、
お客様のプライバシーに関する情報は、従来から厳格に管理してまいりましたが、
今般、個人情報保護法の改正施行にあたり、
自身への再確認の意も込めまして、改めて基本方針を表明いたしました。

http://www.pilotacademy.co.jp/about/kojinjoho.pdf


 1. お客様の情報は、当社にご依頼いただく業務を遂行するために必要最小限の範囲で取得し、利用するものとします。
 なお、お客様の個人番号(マイナンバー)は、業務遂行に不要のため、お預かりしません。

 2. お客様の情報は、キャビネット等に施錠して保管するものとし、業務遂行に必要な場合のほかは社外に持ち出さないものとします。

 3. お客様の情報を廃棄する際には、シュレッダーもしくは溶解等の方法を用いて再読不可能な状態にします。

 4. 法令に基づく場合およびお客様の許可を得た場合を除いては、お客様の情報を他の組織・団体に開示しません。

 5. お客様ご自身の情報につきましては、お申し出いただければ、いつでも開示し、必要に応じて内容変更もしくは利用停止の求めに応じます。

以上です。


まあ、こんなことは言われずとも当然のように思いますが、
情報の不正流出や杜撰な管理が横行しているので、
法律で厳しく定めなければならなくなるのでしょうね。

今後ともよろしくお願いいたします。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





学科試験で不合格になるのは同情できません。
単に「勉強しなかった」というだけのことだからです。
意地悪な言い方をしてしまえば、
「免許が欲しい」という熱意が足りなかったとすら思えます。

例えば、通勤・通学での電車の中で、勉強していましたか?
「首尾よく座って睡眠を補おう」と決めている人もいそうですが、
普段だったら、それでも別に構いません。
でも、初めて免許を取る人なら学科試験の直前1週間くらいは、
過去に免許を持っていた人でも3日くらいは、
“寝る間も惜しんで”勉強しなくちゃいけない時じゃないのですか?
そう思えないのだとしたら、
やはり、熱意が足りないと言わざるを得ません。


運転免許の学科試験は、
数多くの問題を解いて出題パターンを覚えるのがコツです。
電車に乗ったら、問題集なり単語カードなり開いて、
あるいは一問一答式のスマホアプリもあるようですので、
1つでも2つでも解いてみると良いでしょう。

細切れの時間を無駄なく使うことで、
知識面もそうですが、精神面でも気合が入ってくると思います。

ただし、
歩きスマホは、危険なので、やめましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





違いました。
正しくは「親の意見と冷や酒は‥」ですね。
でも、バックする時の車の挙動をイメージすると、
こんな諺が連想されてしまいます。

車を後退させながら向きを変えようとする時、
当然そちらへハンドルを回すのですが、
初めのうちは、車はそちらへ進んでくれません。
これは、
普通車は前輪で舵を取るため、
ハンドルを回しても、
後輪の位置はあまり変わらないからです。

でも、前輪は動いていますから、
“車の向き”は変わっているのですよ。
そして、ハンドルを切ったままバックを続けると、
ようやく車が進路を変えるわけです。

こうした特性をドライバーが認識していれば良いのですが、
分かっていないと、
ついぐいぐい飲み過ぎて、後で一気に酔いが回ってしまう、
という「冷や酒」のような失敗を犯すことになります。

これは、
他人の運転する車の動きを自分が運転しているつもりで、
客観的に見てみると理解できてきますよ。
これもお酒と同じかも知れませんね。

文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/






「右」と「左」とを聞き間違える人がいます。
それほど多くはないですが、
でも、珍しいというほど少なくもありません。


数年前にパイロットアカデミーで教習を受けられた女性が、
「以前に通っていた教習所の指導員がひどかった」という話の中で、
「『左折』と言われたので左に曲がったら『右だ!』と怒られた」と
おっしゃったことがありました。
その時は「ひどい指導員ですね」と相槌を打っておきましたが、
パイロットアカデミーでの教習中にも似たような場面が発生したので、
首をかしげてしまいました。

「次の交差点を右に曲がってください」と指示したところ、
その教習生は左に曲がったのです。
パイロットアカデミーでは、道案内をする際には、
基本的に手振りを交えて指示しますので、
その手を再度示したところ、納得してもらえました。
そういうことが、2度3度あって、
「指導員の言い間違い」ではなく「自分の聞き間違い」なのだと、
ようやく彼女自身も気付いたようです。


こちらとしても、道案内する際には、
口だけでなく、必ず手で示してあげる必要があることを
痛感した次第です。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





「ハンドルを握る」という表現を使いますが、
車をまっすぐ走らせる限りは、
「握る」というより「指を掛ける」という感じで、
バーの上に手を載せているだけでOKです。


まれに、
かかえ込むようにハンドルを握ってしまう人までいますね。

おそらく緊張しすぎなのだと思いますが、
それだと、
手首が自由に動かせず、操作しづらいんじゃないですか。

あるいは、もしかしたら、
「ハンドルをまっすぐ保持しよう」と意識してのことかも知れませんが、
車には直進性がありますから、そんなのも無用です。


ゆったりと、
ハンドルにも気持ちにも余裕を持たせましょう。

それが、結果として、
安全かつスムーズな運転につながりますよ。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





パイロットアカデミーには、
「学科試験に合格してから教習を始めたい」
というお電話をいただくことが少なくありませんが、
常々疑問に思うことがあります。
それは、
「なぜすぐに始めないのか」ということです。


「学科試験を受験するのが遅くなってしまうから」とか、
「技能試験の日取りが決まったら、それに向けて練習したいから」というのは、
理由になりませんよ。

まず、技能教習を開始したところで、
学科試験は予定通りに受験すれば良いじゃないですか。
技能教習が修了するまで学科受験を受けちゃいけないわけではないのですし。

また、東京の場合は、
学科試験に合格したら技能試験を予約することになりますが、
その時に、いつ(どのくらい先に)受験日を設定するつもりですか。
1回でも2回でも技能教習を受けて、
「何回ぐらいの教習で修了しそうだ」という感触をつかんでおいた方が、
技能試験の日程も決めやすくなると思います。
「不合格を覚悟でまず1回受験してみる」というのも悪くはないのですが、
初めから合格できないつもりで受験するのは、時間もお金も勿体無いですよ。


しかし、教習開始を遅らせる理由として、
「今は学科試験の勉強中だから」という事情だけは、
状況によっては、うなずけます。

学科試験不合格ほど、時間もお金も勿体無い話はありません。
合格しなければ技能試験に駒を進めないのですから、
そういう人は、
今は学科試験に合格することを優先的に考えても良いでしょう。

でも、
それでも、できれば、
学科の勉強と技能教習とは同時進行していった方が望ましいですよ。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/


このページのトップヘ