Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


交差点で左折する前には左端に車を寄せましょう。
30メートル手前までに寄せを完了させておきます。

試験の採点基準では「左端から70cm以内」となっていますが、
そんな数字で覚える必要はありません。
左に寄せる目的は、
左側にバイクや自転車が入って来ると巻き込むリスクが高まるので、
その余地を作らないということです。


また、あまりに「寄せよう。寄せよう。」と意識しすぎると、
交差点に近づいたころに、逆に、左端から離れてしまいます。
おそらく、左に寄せた後に、車体をまっすぐに向けるために
一旦ハンドルを右に回し、そのまま進んでしまっているものと思われます。

これを回避するには…
そう、これも「前見て加速」です。
左に寄せた先の遠くを見て、アクセルを踏んでいってください。

遠くを見ないと、アクセルが踏めない。
アクセルが踏めないから車体がまっすぐ前に向かない。
だから、ハンドルに頼って車体を誘導する。
という状態に陥ります。

減速は、左に寄せ終わってから始めてください。
交差点まで30mあるはずですから間に合うはずですよね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/



中型1種(限定解除を含む)と大型1種の技能試験には、
「隘路」・「路端停車」・「後方感覚」という、
普通1種には無い課題が含まれています。


「隘路(あいろ)」とは、
狭い道へ直角に曲がって行くことを想定したもので、
曲がった先の枠内に車を収める課題です。
でも、個人的には、
路面にラインが引いてあっても「隘路」のイメージが湧かないので、
クランクコースのように、左右にポールを立てるとかしても良いのかな、
と思っています。


「路端停車」とは、
文字どおり、車体を道路の端に寄せるという課題。
言ってみれば、「縦列駐車」を前進で行うようなものです。
ちなみに、「炉端焼き」とは関係ありません。(あ、面白くなかったですか。そうですか。)


「後方感覚」とは、
「方向変換」(いわゆる「車庫入れ」)課題において、
車庫の奥から50cm以内まで進入して停車させるものです。
「ポールを目標に」などと教える教習所やサイトも見かけますが、
本来は、深視力(遠近感)と車両感覚が試される課題と考えるべきでしょう。


これら3つは、
中型免許が新設された時(平成19年)から追加されました。

もっとも、パイロットアカデミーの教習は普通車だけですし、
かく申す小生自身、既に大型免許を所持しているので、
中型や大型の技能試験がどうなっていようと関係ないのですけどね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





狭路(場内課題では「クランク型コース」や「S字型コース」等)へ左折で入る際、
ハンドルのタイミングを間違えると、曲がりきれないことがあります。

まず、「内輪差で縁石に載せない」という意識でハンドルを切ることは、

このブログでも手を酸っぱくして(って言わないか)書いていますよね。
であれば、左折で曲がりきれないのは、
外側(右前)がぶつかりそうになっているはずですから、
「切り返し」を使って曲がり直すことになります。


試験では、「狭路内での切り返し」は1回めは減点がありませんが、
「狭路入り口での切り返し」は1回めから容赦なく減点されます。
でも、ぶつけたら「試験中止」ですから、
ここは、減点されてでも切り返しをするべき場面です。


ところが、この時に、
「切り返し」で減点されるのは承知のうえですが、
それに加えて、余計な減点を食らってしまうことがあります。

まず、バックを始める前に後方の安全確認をしたか、
そして、バックしている間は後ろを見続けているか、
また、再びハンドルを左に切り始める前に巻き込みの確認をしたか、
そういったことで、減点される人が多いのです。


「左折で曲がりきれない!」ということで
慌ててしまっているのかも知れませんが、
ここは深呼吸の一つもして、落ち着いてやり直すようにしましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





MT(マニュアル)車の変速は、
「ギアを選んで速度を出す」よりも、
その逆に、「速度に適したギアを選ぶ」と覚えた方がやりやすいです。


ギアを選んでから速度を出すためには、
ギアと加速との関係が勘で分かっていないとできません。
それなら、
「回転計(タコメータ)を見ながら適正回転でギアチェンジする」のが良い
と仰る人もいるかも知れませんが、
それも、教習生に求めるには高度なテクニックと言えます。


そんな大変な思いをするよりも、
もう、
「10km/hで1速」・「20km/hで2速」・「30km/hで3速」
と覚えてしまったほうが、分かりやすいですよ。
すなわち、“速度にギアを合わせる”わけです。
加速でも減速でも、これでOKです。


もちろん、ギアを加速との関係を勘で分かるように、
また、回転計も上手に使えるように、
早くなってほしいとは思いますけどね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





現行車はもうほとんどABS標準装備となっていますが、
それでも、「ポンピングブレーキ」は
意識して使ってほしいと小生は思います。

そもそも教習所で教えるポンピングブレーキの意味の1つは、
急ブレーキでタイヤがロックすると、
制動できなくなり横滑りも起こしやすくなって大変危険なため、
ロックする前にブレーキを一旦緩め再度踏み込むことが必要というものです。

とは言え、
乾いた路面でロックするまでブレーキを踏める人は(特に初心者では)珍しいですし、
ABS(アンチロックブレーキシステム)搭載車であればそんな心配すら要りません。
「むしろブレーキがきちんと踏めないことの方が危険」と、
“ポンピングブレーキ不要論者”は主張しますね。
確かにそれには一理あると思います。


しかし、ポンピングブレーキには、
自車が減速することを後続車に知らせる、という意味もありました。
これは初心者であっても、またABSを搭載していても、必要なことでしょう。
特に夜間は、前照灯と連動して尾灯(テールランプ)が常時点灯していますから、
ブレーキを踏むと明るく点くとは言え、後続車が気が付かないことも有りますので、
制動灯(ブレーキランプ)をチカチカ点滅させてください。
さらには、ポンピングブレーキを習慣づけると、
ブレーキが早めに踏めるようになる、という効果もあります。
ペダルの遊びを足裏で把握できるので空走距離が短くなるという直接的な理由もありますが、
“ブレーキをためらいにくくなる”という心理的な理由も大きいと思います。


ですから、受験を控えた教習生はもちろん、一般ドライバーの方も、
ポンピングブレーキ(上記の意味では「予告ブレーキ」と言うべきでしょうか)を
ぜひ使ってください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





アクセルが必要な場面では、
(もちろん危険の無い状態なら)
力強くペダルを踏み込んでいってください。


と言っても、やっぱり、急アクセルは禁物です。
急アクセルにならない程度の強いアクセルということです。

「ペダルの踏み応えを確かめながら徐々に強めていく」という感じで、
「優しく」かつ「強く」踏んでいくのが正解です。


日本語で「ペダルを踏む」と言うと、「踏んづける」というニュアンスを含みますが、
そうではなくて「ペダルを押す」というのが表現としては適切でしょう。
(英語では、まさに「push」と言うんだそうですね。)


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/



本免の技能試験では、
路上コースを走った後で点数の残っている受験生だけ、
場内課題(「方向変換」・「縦列駐車」のどちらか)を行います。

この場内課題を始める時に、
試験官が「切り返しは3回までやって大丈夫ですよ」
と言ってくれることがあるそうです。


しかし、この言葉は、鵜呑みにしない方が良いでしょう。
というのは、
「同じ所で切り返しを4回やると試験中止」ですから、
かの試験官は、ただそれの裏返しで
「3回までなら大丈夫」と言っただけかも知れないからです。

ご存じのかたも多いと思いますが、
「切り返し」は、
1回やっただけでは減点されませんが、
2回め以降は減点されていきます。
なので、路上コースで減点されていると、それと通算されて、
3回以内であっても、不合格になる可能性はあるのですよ。


もし試験官がそこまで考えたうえで、
「切り返し3回までOK」とアドバイスしてくれたのだとしたら、
それは、すなわち、
「あなたは路上での減点が少なかった」と教えてくれたわけですから、
その言葉は信用できるでしょう。


その場に居合わせておりませんので、
どういう意図で発した言葉なのか、その真意は汲み取りきれませんが、
額面通りには受け取らないでおくのが無難でしょうね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/



「方向変換」は、その名のとおり、
「向きを変えて出て行く」という課題です。
したがって、
縦列駐車のように「完了した旨を告げる」という行為は要りません。


しかし、「車庫入れ」という課題だと思っているためか、
バックが完了した時点で、試験官の指示を待とうとする人がいますね。
ご丁寧に停車措置(※)まで講じる人もいます。

※「停車措置」とは…
 「ギアをニュートラル(AT車は『P』)に入れる」
 「サイドブレーキを掛ける」
 「窓を閉める」
 「ペダルから足を下ろす」です。

一方で、試験官にしてみれば、
試験中止項目の中に「試験官が是正措置を指示した場合」というのがあって、
試験官が「こうしなさい」と指示したら、
(一部の例外を除き)不合格となってしまうため、
迂闊に指示を出すわけにいかないのです。
そこに、“気まずい沈黙”が生まれるというわけです。

まあ、しびれを切らして教えてくれる試験官もいるでしょうし、
ここで厳格に「試験官補助」を適用するとは思えませんが、
いずれにしても、方向変換課題では試験官からの指示を待ってはいけません。
黙って、もと来た道へ戻って行ってください。


先日、「縦列駐車で気まずい沈黙」という記事を書きましたが、
今回は、方向変換課題でも気まずい沈黙の時間が流れることがある、という話でした。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/



交差点を通過する際には、
青信号に従って通過する場合や優先道路を進行している場合を除き、
その手前で安全を確認してください。


ところが、交差点の手前ではなくて、
交差点の中まで進んでから左右を見るドライバーを
よく見かけますね。
彼らの曰く、「交差点の手前では左右がよく見えないから」。

なるほど、確かに、
見通しが悪くて、手前では安全が確認できない交差点というのも
あるにはあります。
でも、そういう交差点では、
相手からも自車が見えていないわけですから、
一時停止してから、あるいは少なくとも徐行で、
進んで行かなければ、本当に危ないですよ。


「よく見えない」というのを、
言い訳にしているだけではないですか。

気を付けましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





「縦列駐車」は、
「できたときに試験官に知らせる」ところまでが課題です。

駐車スペースの内側に全車体が収まって停車措置(※)を講じたら、
「できました」・「完了しました」・「停めました」など、
試験官に、駐車完了した旨を告げてください。
そして、次の指示(「発進してください」との指示)を受けてから再発進します。

※「停車措置」とは…
「ギアをニュートラル(AT車は『P』)に入れる」
「サイドブレーキを掛ける」
「窓を閉める」
「ペダルから足を下ろす」です。


この「できました」を言わないと、
試験官は黙って待っているので、気まずい沈黙の時間が流れます。
そして、もし受験生が気まずさに負けて、
試験官から指示が無いのに車を再発進させてしまったら、
そこで試験が終わってしまいます。


また、駐車スペースから車体の一部がはみ出している状態で、
「できました」を言ってしまってもいけません。
それだと課題自体をやっていないことになってしまいます。
切返しなり幅寄せなりをして、きちんと収めてから完了報告をしてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




このページのトップヘ