Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


日本語をキーボードで入力する際に、
カナ入力とローマ字入力のどちらを使うかは、
一昔以上前に「ローマ字入力」に軍配が上がった形です。

1文字を打つのに2つのキーを叩くローマ字入力よりも、
1つのキーで用が足りるカナ入力の方が効率が良いはずなのに、
なぜ、多くの人はローマ字入力を使っているのでしょうか。

その理由は、端的には、
「26文字の配列を覚えるだけで打てるから」とよく言われます。
確かに、五十音配列でない限り、JISカナ入力でも親指シフトでも、
48文字の場所を覚えなければならないことは、
特に初めてキーボードに向かう人にとって大きな障害です。

でも、ローマ字入力が推奨される最大の理由は、
何と言っても「PC入力との互換性がある」ということでしょう。
ワープロ専用機時代ならいざ知らず、
今やPCで日本語を入力している人が大多数(スマホを除く)でしょうから、
結局は英字アルファベットの配列も覚えなければならないわけで、
それなら、英文(プログラムやURLを含め)にも日本語にも使える
ローマ字入力の方が、ストレス無く打てます。


さて、この話は、
「左足ブレーキ」の是非を論じる際にも用いられることがあります。

すなわち、AT車では普段は左足を使っていませんから、
右足をアクセルペダルからブレーキペダルに踏み替えるよりも、
左足でいきなりブレーキペダルを踏んだ方が効率が良いはずです。
しかし、それは、MT車に乗った時には通用しません。
「MT車では右足ブレーキ、AT車では左足ブレーキ」と使い分けるのは
難しいですし、事故の素でもあります。
MT・AT互換性の面からドライバーへの負荷と安全とを考慮して、
「車種にかかわらずブレーキは右足で踏む」と覚えておくべきです。

もっとも、右足ブレーキが推奨される理由は他にもいろいろありますが、
今日は、互換性という観点から書いてみました。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





走行中に、犬や猫が飛び出してくることがありますね。

“犬”が飛び出してきたら、
その後に“人”が続いて飛び出してくる可能性が高い一方、
“猫”が飛び出してきても、
その後に人が続く可能性は低いと言えます。

なので、プロドライバーの間では、
「犬はよけろ。猫は轢け。」と言われているそうです。

しかし、これは、どちらもダメ。


まず、「犬はよけろ」に関して。
不用意にハンドルを取って、
自車と並走している二輪車を倒しでもしたら、
目も当てられません。
よけるのなら、合図と確認の後にするべきです。

次に「猫は轢け」に関して。
確かに、猫に気を取られて、
歩行者や自転車に接触してはいけませんから、
構わず走り続ける、というのも一理あるかも知れません。

しかし、それが猫であることを咄嗟に見極めるのは難しいですし、
何より怖いのは、「故意をもって轢く」という行為です。
(「認識していながら認容する」のも「故意」になります)

例外も無いわけではないですが、基本的には、
「轢いても良い」・「ぶつけても良い」と思う人は、
車を運転する資格が無い、と認識してください。


飛び出したのが、犬であろうと、猫であろうと、
もちろん、人であろうと、
「よけろ」でも「轢け」でもなくて、
「危険を感じたら、まずブレーキ!」が鉄則ですよ。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





急に暖かく、というより、暑くなってきました。
そのせいか、今日は路上で、
気持ち良さそうに走っているバイクを多数見かけました。
ニケツ(二人乗り)も多かったですね。

でも、ニケツは危険ですよ。

乗らない人には理解できないかも知れませんが、
二輪車は、カーブや右左折で、
ハンドルを回すわけでなく、車体を傾けて曲がります。
後ろの同乗者がそれを分かってくれているなら良いのですが、
車体が傾くのを怖がって、
それと逆方向に体重を移動してしまう人がいますね。
バイクは、そもそもバランスが取りにくい乗り物なので、
そんなことをされると、転倒してしまうこともありますよ。


それから、何より危険なのは、
ニケツライダー(多くは男性)が同乗者(多くはその彼女)に
“いい所”を見せようと、カッコつけることでしょう。
出さなくて良いスピードを出したり、
敢えてブレーキを使わなかったり、
意地でも足を着かないようにしてみたり…

あまり野暮を言いたくはありませんが、
事故を起こしたら取り返しの付かないことになりかねませんので、
大事な人を乗せていればこそ、
基本に忠実な安全運転に徹してください。


それ以前に、できるだけニ人乗りは避けましょう。
バイクを使わなきゃカッコ良く見えない男なんて…
うわっ! 何をするくぁwせdrftgyふじこlp;@


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





仮免技能試験は、試験場内のコースで行われるので、
上った坂は、必ず下ります。

特にMT(マニュアル)車では
「坂道発進」が合否を分ける“天王山”とも言えるため、
上り坂で停止して発進するまでは気を張っている人が多いですが、
発進した直後には「坂の頂上」があることもお忘れなく。


坂の頂上は、言ってみれば「縦方向のカーブ」。
向こう側が見えないので、非常に危険な場所です。
坂の頂上で道が(左右方向に)曲がっているかも知れませんし、
交差点があるかも知れないのです。

事実、東京の府中試験場では、
築山のような坂道の頂上が十字路になっていて、
15年ほど前は、大型二種(バス)の試験コースと
そこで交差するように設計されていました。
坂を上った所でバスに出くわすと、
こちら側が優先であってもドキッとしますよね。
今はそんなコース設計はありませんが、
実際に路上でそういう事態に遭遇しないとも限りませんから、
そのつもりで練習しておくべきでしょう。


坂道発進に成功しても油断せず、
自分の進むべき道(車線)をしっかり見据えて進んでください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




車の運転技能試験は、
相対評価でなく、絶対評価で採点されます。

合格枠が何人とか決まっているわけではないので、
極端を言えば、
全員が合格することも、全員が不合格であることも、
どちらも可能性としてはあるのです。

したがって、
「合格率がどのくらい?」と気にするのは意味がありません。
他の受験生(特定の人や平均点)と比較するよりも、
自分自身の減点を無くすように努力するべきです。


ちなみに、
試験場での技能試験の合格率は、
公式には発表されていませんが、
感触的には、仮免技能が10%くらい、本免技能が50%くらい、
といったイメージでしょうか。

ちなみに、ちなみに、
パイロットアカデミー教習生の試験合格率は、
仮免技能が約38%、本免技能が約90%といったところです。
もちろん、どちらも100%を目指しているのですけどね…


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





人間の耳は左右の(ほぼ)対称的な位置に付いているので、
右からの音か左からの音かは区別できても、
それが、前なのか後ろなのかは判りにくいのです。
(ついでに言うと、音には上下の指向性もありません)


それを踏まえて、
例えば、運転中に緊急車のサイレンが聞こえた場合、
どうすれば良いでしょうか。

緊急車の進路上に自分がいるなら避譲しなければならないので、
そのためには音源がどこかを確認する必要があります。

この場合、その緊急車を目で探すよりも先に、
音を聞くために、まず窓を開けましょう。
そして、顔をゆっくり左右に振ってみてください。
これは、耳の位置を動かすことで、
前後の音を聞き分けるようにするためです。
ふくろうの耳は上下に少しずれた位置に付いているそうですが、
そんなイメージです。

そして、音源のおおよその位置を把握した後に、
緊急車がどこにいるかを、目で探しましょう。


これを慌てずにやることで、
脇見している時間が短く済みますよ。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





内輪差とは、
車が曲がるとき前輪が後輪より内側を通ることによる前後輪の軌跡の差をいう。

この説明は正しいでしょうか?


答えは「×」!

「○」と答えた人は、
落ち着いて問題文を読み直してみてください。


気が付きました?

「“後輪”が“前輪”より内側を通ることによる前後輪の軌跡の差」
なら正しいですよね。
学科試験でたまに出題される意地悪ひっかけ問題ですので、注意しましょう。


ところで、後輪で舵を取る大型特殊車両を除き、
車には内輪差があるのは、
車を運転しない人でも知っている常識です。
その内輪差で脱輪してしまうのは、
「ガス欠」(これも車を運転する上での常識)に次ぐ、
ドライバーにとって2番目に恥ずかしいことと認識してください。

技能未熟な教習生ならともかく、
運転に慣れてきたころに内輪差で脱輪してしまうのは、
「つい失念していた」という人がほとんどです。
常に緊張感を保って運転しましょう。


冒頭に挙げたような引っ掛け問題は、
“知識”よりも、そうした“注意力”が試されているのかも知れません。
…と、今これを書きながら思いました。

文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





「環状交差点」の運用開始から、もう2年半も経ちました。
当時は大きく報道されていましたが、
最近はあまり話題にもなっていないようです。

もっとも、こうした形の交差点は、
従来から「駅前ロータリー」などで見慣れていましたし、
「首都高速道路環状線」だって「巨大なラウンドアバウト」と呼べそうですし
(それが恒常的な渋滞の原因だったりしますが)、
特段、目新しい施策ではなかったように思います。


ところで、東京の府中試験場と鮫洲試験場においては、
本免技能試験の路上試験コース(最近変わりましたが)に、
この「環状交差点」はありません。
従来通りの走り方(練習方法)で構いません。


しかし、警察庁交通局運転免許課長名で通達されている
『運転免許技能試験に係る採点基準の運用の標準』には、
「環状交差点に進入する際の合図・安全確認・優先判断・進行妨害等」についても
減点項目に加えられています。
ですので、他府県でこれに該当する場合や、
今後、東京でもこういう交差点が増えてくることも考えられますので、
注意しましょう。

あ、それと、学科試験の知識としては、
勉強しておかなければいけませんね。
しっかり覚えておきましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





大型車の後ろを走っている時など、
前方の信号が見えないことがあります。
そんな時に、
前の車が交差点を通過したからと言って
考えなしに自分も交差点に進入したら信号が赤だった!
ということが起こりがちです。


。。。って、ダメです!


前の車で信号が見えないってことは、
信号だけでなくて、
路面状況や標識とか、歩行者や自転車がいるのかとか、
つまり、景色のほとんどが見えていないに違いありません。

それは非常に危ない状態ですから、
今すぐ車間を空けてください。
簡単な事で、
自分がスピードを落とせば良いだけです。


「前の車に隠れて信号が見えなかった」というのは
試験不合格の言い訳にならないどころか、
その前提となる「安全への配慮」ができていない、
ということであり、
ドライバーとしての自覚に欠けると言わざるを得ません。
厳しい言い方をしますが、
こういう理由で不合格になったのでしたら、
大いに反省すべきです。


ところで、今日のタイトルを読んで、
「歩行者用の信号を参考にしましょう」というアドバイスを
期待された読者諸氏もいると思います。
まあ、それも“参考”にはしても良いですけれども、
そんな事よりも、もっと根本的な話なのでした。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/






発進する際には、
あるいは右左折やカーブの終わるところでは、
車体をまっすぐ安定して走らせるために、
加速していきましょう。

ところが、
前の車がゆっくり走っていたり、
歩行者や自転車がすぐ近くにいたりして、
加速できない状況のときもあるでしょう。

…と、ここでうなずかれた方、
本当に、
「加速できない状況のとき」って、ありますか?


意地悪な問いかけになってしまいましたが、
前の車が目の前で“停止”したなら、
または歩行者や自転車に“ぶつかりそう”だったら、
さすがにそこはブレーキですが、
そんな場面は滅多に遭遇するものではありません。

前の車がゆっくりででも走っているなら、
歩行者や自転車が接触しそうなほどの近くでないなら、
やはり、加速していくのが基本ですよ。
ただ、そういう危険なところでは、
強いアクセルでなく弱いアクセルが求められるということです。


「加速」だからと言って、
必ず「スピードを出す」とは限りません。
加速にも「強い加速」と「弱い加速」とがあるのですから、
状況によって使い分けてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




このページのトップヘ