Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


仮免の試験(場内課題)では、
試験官の指示を受けたらすぐに準備行動に移すのが基本(※)です。
※「交差点の先を右左折する場合」などの例外はあります。

ですから、
試験官から「○番の交差点を右。」というような指示があったら、
まず合図(右ウインカー)を出して、右側の安全を確認してください。
ここまでは、理解できていますね。


問題は、試験官からの指示が、
「さあ加速しよう」というタイミングだった時です。

ミラーの死角を目視で確認している間は、
言わば「わき見」している状態です。
ドライバーが前を見ていない時に加速を続けるのは危険ですし、
足に力を入れていると腕にも余計な力が入って、
無意識にハンドルを傾けてしまうこともありますので、
目視確認中は、加速はいったん中断してください。

アクセルをそれ以上踏み込まずに維持するか、
それが難しければ、
アクセルペダルを緩めるのが初心者にはやりやすいでしょう。

踏み込み始めたアクセルを緩めるのは心理的にやや抵抗がありますが、
それを敢えてやることを覚えるのも練習だと思ってください。
それができないと、
加速中に危険な場面に遭遇した時にも対処できない、
という話ですよ。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





左折した後すぐに右折することが分かっているなら
(試験では、試験官がその旨を指示していたら)、
左へ曲がったら初めから右寄りを走ります。
左折した先が片側2車線だったら、
第2車線へ向かって左折することになります。


ところが、ここに落とし穴があって、
右寄りまたは第2車線へ向かうのであっても、
「左折」なのですから、
左後輪が縁石の近くを通るようにしなければなりません。

大回りして第2車線へ直角に曲がって行くように、
導流帯などで誘導している交差点もあります。
しかし、そういう場所でない限り、
「正しい左折」が要求されます。

左折は左折の基本通り小さく曲がって、
然る後に、
車線の中央ではなく右寄りまたは第2車線に向かって進む、
というように走ってください。


また、この話は、右折後すぐに右折するケースでも同様です。
「右折」は直近マーク(または交差点の中央)に沿って曲がるのでした。
次に右寄りまたは第2車線を走るのだとしても、
やはり「正しい右折」をしてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




左折の前には道路の左に車を寄せて行きますが、
寄せ過ぎてしまうと、
内輪差で後輪が縁石に載ってしまったり、
それを避けるために大回りで左折してしまったり、
という症状が出やすくなります。

左に寄せる最大の目的は、
自車の左側にバイクや自転車が入って来ないようにすることでした。
つまり、バイクや自転車が通れる間隔を空けなければ良いのですから、
あまりきっちり寄せなくても良いのですよ。


しかし、そうは言いながら、
逆に、左に寄せられていない場合には、
試験では、それだけで10点の減点を食らってしまいます。

寄せ過ぎて大回りしても10点減点なのですが、
その症状が出なければ(寄せ過ぎたというだけなら)減点されません。

また、試験場内の交差点なら、
どんなに寄せた状態からでもハンドルをしっかり回せば、
大回りしなくても曲がれるはずですし、
仮に、そのために左折後に走るべき通行帯を多少はみ出したとしても、
場内試験では5点の減点だけで済むのです。
(S字を描くように左折するのはいけませんが)


採点基準から考えても、
「寄せない」よりは「寄せ過ぎ」を選ぶべき、と言えます。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




進路変更しようとする際は、
3秒前に、合図を出してください。

さて、では「3秒前」って、
距離で言うと、どのくらい手前になるのでしょうか。
ちょっと計算してみましょう。

時速60kmで走行している場合、
「1時間(60分)で60km」走るのですから、
「1分間(60秒)で1km(1000m)」、
つまり、「6秒で100m」走る計算になります。
ということで、
3秒間で走る距離は「50m」と求められました。

時速30kmで走行している場合は、
これの半分なので、すなわち「25m」ですね。

車は時速30~60kmくらいのスピードで走っていますから、
∴「3秒前 = 25m手前 ~ 50m手前」というのが正解です。


なお、右左折する際には、
30m手前までに、曲がる方の端に寄せて走ります。
ということは、右左折の合図は、
都合、「右左折する所の55m~80m手前」に出すことになります。

電柱が(例外もありますが)概ね20m間隔で立っていることを踏まえれば、
「電柱3本~4本」というのが、合図を出し始める目安と言えます。

いろいろ理屈を並べてみましたが、
結局、電柱の数を数えるのが、
「3秒」とか「○m」とかより覚えやすいかも知れません。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





昨日の天気予報では、
「明日(2月9日)は東京地方でも積雪の可能性」などと報じられていて、
今日の教習を中止にしようかどうか考えていましたが、
結果として、少し雪がちらついた程度で、
積もることはなく、助かりました。
もちろん、今日の教習は、昼間も夜も予定通りです。


ところで、
もし雪が積もったら、極力自動車は使わないようにし、
どうしても自動車で出かけなければならない場合は、
慎重の上に慎重を重ねた運転でお願いします。

急アクセルも、急ブレーキも、急ハンドルも、
とにかく「急」のつく動作はすべてダメです。
いつもでしたら、
「危険を感じたら迷わずブレーキ!」と言っているのですが、
積雪時と路面凍結時は例外です。

また、ブレーキを控え気味にせざるを得ない以上、
スピードだって出せません。
当然、目的地への到着も遅くなります。
雪の日はそういうものだと諦めてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




左へ曲がるときはハンドルを左に回してください。
あまりに当たり前すぎる話なんですけど、
わざわざこう書いたのは、
左へ曲がる直前にハンドルを右に回す人が少なくないからです。

おそらく、内輪差を意識しすぎてのことでしょう。
左折前には左端に寄せることになっていますが、
確かに、左ぎりぎりまで寄せてしまうと、
内輪差で縁石に載り上げる可能性が高まるので、
それを嫌って、ハンドルを一旦右に切るのだと思います。


でも、そういうことなら、
左に少し余裕を持たせて寄せれば良い話ですし、
もし左後輪が危ないようなら、
車を少し前に進めてからハンドルを回せば良いのです。
結果、切り返しが必要になる場合もありますが、
それでも、逆ハンドルを取ることの危険を考えれば、まだマシです。


逆ハンドルは、言ってみれば、
「安全確認なしに突然、頭を右に振る」わけですから、
自車を右側から追い抜こうとしている車(特に二輪車)がいたら、
それに接触してしまいますよ。


まして、内輪差に関係なく“勢いづけ”のために逆ハンドルを取っているなら、
そのクセはすぐに直してください。
テニスやゴルフの“テイクバック”じゃあるまいし、
ハンドルを回すのに、そんな力は不要です。

「ハンドルまっすぐの状態から、曲がりたい方へ回す」
当たり前のことを当たり前にやるように、意識して練習しましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




何かあるごとにハンドルを動かしてしまう人っていますね。


例えば、発進の時。
路端から車線中央へ進路変更するので、ハンドルは右に切ることになります。
その後、右に向いた車体を車線に正対させるべく、今度は逆に左に切るわけです。
車線に正対したら、今度は直進させるために、ハンドルをまっすぐに戻します。
(操作としては、左に切っていたハンドルを右に回す)

確かに、理屈で説明すればこうなります。
でも、
これをすべてハンドルで操作しようとしたら、車はふらつくばかりです。


そもそも、進路変更時のハンドルは、
「切る」(あるいは「回す」)というよりも「傾ける」という感じです。
そして、力を入れるのは最初の右に向かせる時ぐらいで、
その後の動作は、基本的にはハンドルは意識しないでやってください。


では、ハンドルを意識せずに
車を車線に対してまっすぐ向かわせるには
どうしたら良いかと言うと…

それこそ、「前見て加速!」なのです。
つまり、自分の進路上、遠くを見据えてアクセルを踏む、
というのをやれば、自分が進みたい方へ車は動いてくれますよ。


このブログで何度も書いていることですが、
車の運転で重要なのは、“ハンドル捌き”よりも“加減速”。

携帯やスマホのゲームではどうか知りませんが、
現実の車の運転では、ハンドルをちょこまか動かさず、
アクセルとブレーキを上手に使ってください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




自動車事故の中でも「正面衝突」は、
特に悲惨な結果を招くことが多いです。

例えば、
仮に時速30km(自動車のスピードとしては遅いほう)でぶつかった場合、
正面衝突では、
お互いの速度を合計した時速60kmの衝撃を受けることになります。
時速60kmでの衝撃というのは、
地上14m(ビルの5階ぐらい)から垂直落下したようなものだそうです。
それでは乗員の生命が危ぶまれるのも容易に想像できます。


しかし!
正面衝突なら、事故の直前にお互いの姿が見えていたはずです。
見通しの悪いカーブ等では
相手が見えた時には既に回避不可能な場合もありえますが、
それでも、ぶつかる直前の一瞬、コンマ何秒かであっても、
ブレーキを踏むのと踏まないのとでは随分違います。

先ほどの衝撃の話、
「速度が2倍になると衝突時の衝撃は4倍になる」と言われますが、
ということは、逆に言えば、
「速度が半分になると衝撃は4分の1になる」ということでもあります。
これで生死が分かれるかも知れません。


ですから、
自分の進路上に何かが見えたら「ためらわずにブレーキ!」
これを鉄則と覚えておきましょう。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




「空走」って
タクシーが客を乗せずに走ることじゃないですよ(笑)
確かにそれも「空走」と呼びますけど、
ここでは、ブレーキが効き始めるより前に、
ただただ走ってしまうことを言います。

安全運転のためには、
ブレーキングのテクニックも必要には違いないですが、
特に初心者は、そんなことよりも、
空走距離を短くするように心がけてください。


具体的には、危険に遭遇した時に
すぐにブレーキが踏めるよう、常に心の準備をしながら運転することです。

そのためには、
視覚・聴覚・嗅覚を(時には第六感も)フル活用して情報を取り込み(認知)、
安全か危険かを咄嗟に見きわめて(判断)、
「危ない」と感じたら即ブレーキ(動作)、
という習慣づけが重要です。


また、「ポンピングブレーキ」も習慣づけておくと、
ペダルの遊びを足裏で把握しやすくなるので、
これも、空走距離を短くする効果があります。
昨日の記事「靴にも“遊び”がある」 も関連する話です。
参考にご一読いただければ。

文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/





急ブレーキを踏んでも、
車はすぐには停まりません。
車が停止するまでには、
「空走距離」と「制動距離」というのがあります。

「空走距離」は、
ブレーキが効き始めるより前の時間、
「制動距離」は、
ブレーキが作用してから停止するまでの時間を言います。


そして、「空走距離には“ペダルの遊び”も含まれる」、
と教本には書いてあります。

確かにその通りで間違いではないのですが、
加えて、“靴の遊び”というのも考えてください。
ぶかぶかの靴は論外として、足に合った靴を履いていたとしても、
おそらく、ペダルの遊びより大きいように思います。

もっとも、“ペダルの遊び”にしても“靴の遊び”にしても、
ブレーキペダルを踏んだ時の空走距離だけでなく、
アクセルペダルの踏み込み加減にも大きく影響します。
むしろ、アクセルの方がデリケートな操作を求められるので、
より神経を遣うべきとすら言えるかも知れません。


慣れてくれば、靴の遊びを上手に使って
足指の微妙な動きでアクセルを調整できるようにもなってきますよ。
そうなれば、もうアクセルで苦労することはないでしょうし、
ブレーキ時の空走距離も、実感できるようになるはずです。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




このページのトップヘ