Pilot-Kの「前見て加速!」 Livedoor版

自動車運転指導「パイロットアカデミー」の代表が運転技能や免許取得に関するアドバイス・感想等を綴っていきます。 教習生も一般ドライバーも必見!

運転免許は早く!安く!
普通自動車運転指導「パイロットアカデミー」のサイトはこちら
http://www.pilotacademy.co.jp


ガソリンなどの計量に用いる「リットル」という単位に関して、
最近はその扱いが変わってきているということを
つい最近知って、驚きました。


まず単位の表記方法について。

今は筆記体の「ℓ(U+2113)」ではなく、
活字体大文字の「L」で表記するのが標準なのだそうです。
改めてガソリンスタンドの領収証を見てみると、
どこのスタンドも例外なく、また、ガソリンもオイルも、
確かに「L」で表記されています。

では、飲料のペットボトルにはどう書かれているかと見れば、
「リットル」は「L」ですが、「ミリリットル」は「ml」と、
大文字を使うか小文字を使うかが揺れているようです。
いや、「揺れ」というより、
長さの「m」や重さの「g」で分かる通り、
本来、単位(人名に由来しないもの)は小文字で書くべきところ、
接頭辞(ミリ等)の付かない「l」では数字の「1」と紛らわしいため、
ただの「リットル」は大文字を使っているものと思われます。

ちなみに、学校教育においては、
2009年6月の小学校学習指導要領解説では、小文字の「l」が用いられていたが、
2011年の教科書検定から、大文字の「L」を使用するように検定意見が付いた(wikipediaより抜粋)
とのことです。
筆記体の「ℓ(U+2113)」なんか書いていると(小生もそう書くように教わった世代なのですが)、
今の子どもたちに笑われてしまうかも知れませんよ。


それと、もう1つ驚いたのは、
「容積」という用語が公の場では認められていないということ。

対象が液体や気体の場合は「容積」と呼ぶべきものと思い込んでいましたが、
学術的には、すべて、固体と同じに「体積」と呼ぶのだそうです。
そして、体積なのですから、
その単位は「立方メートル(m3)」であって、
「リットル」に等しいのは「立方デシメートル(dm3)」とのこと。
こんな単位、初めて聞きましたよ。

ついでに言うと、
「立方センチメートル」は、「cc」(cubic centimetre)ではなく、
「cm3」を使うことが望ましいとされているようです。
こちらは、理解できます。
…と思ったら、
道路交通法や道路運送車両法では
車の排気量を「cc」で表していますね。
法律(おそらく官僚が作成したもの)なのに何だかなあという気分です。


話は変わって、
「リットル」を英語流に「リッター」と言う人が多いですね。
この言い方は、正しいか正しくないかと問われると多分正しくないのですが、
長さの「メートル」を「メーター」と言ったりするのと同じで、
“誤用”というより“慣用”と呼ぶべきでしょう。
その英語でだって、
イギリスは「litre」・「metre」、アメリカは「liter」・「meter」と、
綴りが異なるくらいですから。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




東京都内では、
ちんちん電車(都電荒川線&東急世田谷線)との交差点を除き、
「信号機付きの踏切」をあまり見かけなくなりました。
その、珍しい「信号機付きの踏切」が、
鮫洲の路上試験コースのすぐ近くにもあります。

そう、京急北品川の踏切です。
「品川より南にあるのに北品川」とツッコまれる所ですけど。


さて、この踏切の通過は、
鮫洲の路上試験コースには含まれていませんが、
パイロットアカデミーの路上教習では、
敢えてここを走ってもらうことがあります。
学科の知識として勉強した、
「信号機の付いている踏切では一時停止義務が無い」というのを、
身をもって認識してもらいたいからです。
実際、青信号が見えているのに一時停止するのは、
ドライバーの心理的に極めて不自然な感じを受けます。


しかし、「一時停止義務が無い」とは言っても、
踏切の先に自車が入れる余地が無ければ進めませんから、
そういう場合には、
手前で停止して待っていなければいけないのは当然ですね。
もっとも、これについては通常の交差点でも同じなので、
殊さら踏切に限った注意点というわけでもありませんね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




進路上の障害物を回避しようとする時、
対向車が近づいていない(または譲ってくれている)からと言って、
すぐ無造作に中央線をはみ出すのはやめましょう。

右側(二輪車が追い抜こうとしている等)を確認しなければならないから?

もちろんそれも重要です。
でも、もう一つ、
障害物を越え終わった先に自分の入れるスペースがあるかどうかも
大事な確認ポイントです。


自分が前の車に追従している場合は、その車の動きに注目してください。
同じスピードのままで障害物を越えて行ったなら、
その先もスムーズに流れていると思われますが、
前の車が障害物を越えて自分の車線に戻る時に、もし減速したなら、
障害物の先は流れが悪くなっていることが予想されるわけです。
そんな時には、自分は障害物回避を始めてはいけません。

前に車がいないとき(自分が先頭)などには、
センターラインを越えて初めて、障害物の先の状況が見えることがあります。
そんな場面で、元の車線に自分の入るスペースが無いことに気づいたなら、
まずはブレーキで減速してください。
そのうえで、障害物回避を中断することを第一に考えましょう。
できれば障害物の手前で元の車線に戻りたいところです。

もしそれができないようだったら、対向車の邪魔をしないよう、
できるだけ左(障害物側)に寄って停まってください。
ただし、これは、元の車線に戻れない場合の非常手段であって、
こうならないように行動するのが基本です。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




一時停止の標識のある交差点では、
停止線の手前で停まって、
左右(右・左・右)を見てください。


その場所では安全確認ができない場合であろうと、
停まらない理由になりませんから、必ず停まってください。
もしそこで確認ができなかったなら、
その後、徐行しつつ交差道路が見通せる所まで進んで再停止し、
再び左右の安全を確認して、それから交差点を通過します。

これを、「二段階停止」または「多段階停止」と呼びます。


端的に手順をイメージすれば、
(1)「歩行者」が来ないかどうかを見て、
(2)「自転車」が来ないかを見て、
(3)「自動車(バイクを含む)」が来ないかを見る、
といった感じです。
これを励行しましょう。


また、一時停止の交差点が続く所もあります。
こういう所では、つい機械的に停止するだけになりがちですので、
億劫がらずに、しっかり「右・左・右」を確認してください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




進路上の障害物を回避するために進路を右に変えたら、
車体を、いったん進路に対して平行に向けてください。
まっすぐ向いた後で、
左(元の車線)に進路を変えていくのが正解です。


ドライバーの心理的に、右へはみ出したら、
すぐに(まっすぐ走ることなく)左に戻りたくもなりますが、
それをやってしまうと、
左を確認するより前にハンドルを左に傾けることになるので、
試験では「安全確認が不充分」として減点されますよ。

車の動く軌跡としては、
「三角形」ではなく「台形」を描くように走る、
と覚えておきましょう。


ただ、路上では、
道路状況や他車・歩行者等の動きによって
臨機応変な対応が必要な場面もあります。
でも、所内教習・場内試験では、
そういうケースに遭遇することはまずありませんので、
基本通りに走ってください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




信号の色について、
「青=進め、黄=注意、赤=止まれ」と
覚えている人が多いですね。

しかし、このうち正しいのは
「赤=止まれ」だけです。


青色の灯火は、
「進め」ではなく「進むことができる」です。
進んではいけない場面というのもあるからです。

黄色の灯火は、
「止まれ。ただし、安全に止まれない場合は、そのまま進むことができる」でした。
「注意して進め」ではなく、
ましてや「加速して進め」でもありません。
初めて運転免許を取る人よりも、
免許を失効して取り直そうとしている人や、
二種免許取得を希望している人(つまり運転経験のある人)に
こういう誤解が目立ちます。
それこそ“注意”してください。

「他の交通に注意して進むことができる」のは、
黄色は黄色でも、点滅している時でしたね。
これと混同しないように気を付けましょう。


場内試験に限っては(路上では例外も多くなりますが)、
黄色の信号は「止まれ」で覚えておいてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




教習生にリラックスしてもらうため、
路上教習中に雑談を交えながら走ることがあります。

でも、教習中の雑談って、結構難しいのですよ。
「所内教習では無理だとしても路上教習なら雑談の時間が取れる」
と思う人が多いかも知れませんが、そうでもありません。


所内教習では、
例えば「左折」なら、左折についてだけ説明すればよいところ、
路上教習では、
「左折」の説明だけでなく、
同時に、
「信号を見ること、守ること」や、
「他の交通に合わせること、妨害しないこと」や、
「曲がった先の道路状況を把握すること」 etc.etc...
たくさんの注意ポイントがあります。

まっすぐ走っている時ですら、
「たまにメーターを見ること、スピードに気をつけること」や、
「自転車・歩行者の動きに気を配ること」や、
「次の信号を見ておくこと」や、
「ルームミラーで後続車の状況をみておくこと」や、
「左右のサイドミラーで自分の走行位置を確認しておくこと」や、
「路地からの歩行者飛び出しに注意すること」 etc.etc...
注意ポイントは書ききれません。


なので、本来、路上教習は説明事項が多く、
雑談など、挟んでいる時間すら惜しいのです。

また、教習生としても(その人のキャラクターにもよりますが)
運転に集中できなくなるので、
指導員の雑談が“邪魔”になることもあるんじゃないかと思います。


冒頭に「雑談を交えながら走ることがあります」とは書きましたが、
パイロットアカデミーの教習では、
雑談はほとんど無いと思っていてください。
まあ、
「雨が降りそうですね」(これだって運転に影響ある話題と言えます)
くらいのおしゃべりはしますけど。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




所内コースのカーブでは、
基本、ハンドルを持ち替えて回していたと思いますが、
路上では、緩いカーブなら、
ハンドルを持ち替えずに傾けるだけでも曲がって行けるケースも
ままあります。


ところが、初心者にとって、
ハンドルを持ち替えるべきか持ち替えなくても良いかを
カーブの入り口で判断するのは、意外に難しかったりします。
景色や他の車や歩行者に惑わされて、
カーブのR(曲がり具合)が把握できないことも少なくないでしょう。

ハンドルを持ち替える必要があるか否か、
その答えは体で覚えていくしかないので、
恐れずに試行錯誤すれば良いのです(そのための教習なのです)が、
そう言ってしまうと実も蓋も無いので、ちょっと考えてみましょうか。


ハンドルを持ち替えるつもりでいて、
でも、ハンドルが足りたのなら、
ハンドルを回している途中で持ち替えを中断すれば良いだけのことです。
一方で、持ち替えないつもりでいたのに、
結果、曲がりきれなかったら、
慌てて持ち替えて切り足すか、
でなければ、無理な体勢で片手で回すことになってしまいます。


そう考えれば、
ハンドルを持ち替えるかどうか迷ったら、
初めから持ち替えるつもりでいるのがラクだと思います。

もっとも、これは、あくまで「迷ったら」という話であって、
カーブの曲がり具合を見極めながらハンドルを回していくのが
やはり基本であることは覚えておいてください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




例えば、まっすぐ向かう道から分岐する右カーブがあって、
右カーブへ向かう方が本線であるような交差点をイメージしてください。
首都高速の出口などで、こういう形になっている所がありますね。

さて、こんな交差点で、
本線から外れて“まっすぐ”進む場合、
合図(左ウインカ)や左の安全確認は必要なのでしょうか。


これは、
通常の左折と同様、「必要」です。

ハンドルを切らないと言っても、
今走っている道(右にカーブしている道)こそが“直進”であり、
そこから外れるのは“左折”になるからです。

そのことを後続車に知らせるために、
合図は出さなければなりませんし、
サイドミラーの死角に二輪車が走っているかも知れないので、
確認も必要です。
それを怠ると、巻き込み事故を起こす可能性もあります。


ですから、“左折”の前には、
ハンドルを切ろうと切らなかろうと、
合図と確認は必ずやってください。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/




カーブでも右左折でも、
曲がるためにはハンドルを切るわけですが、
その切ったハンドルを「戻す」のは、
実は「切る」よりも難しかったりします。

それはそうなのですが、
ハンドルを切り始める時から戻すことばかり考えていると、
回し足りずに、曲がっている途中で切り足すはめになったり、
却って戻し遅れたりしがちです。


ですから、ハンドルを切る時には、
気持ち多めに回すように心がけてみてください。
初めのうちは“切り過ぎ”は心配せずにやってみましょう。
もし、切る量が多すぎたなら、
戻し始めのタイミングを早めに取るようにすれば良いのですから。

そして、ハンドルをまっすぐに戻すコツと言えば…
そう。
「前見て加速!」でしたよね。


文責: パイロットアカデミー株式会社 http://www.pilotacademy.co.jp/



このページのトップヘ